排卵痛
スポンサードリンク

知っておきたい女性の病気

知っておきたい女性の病気新訂
商品名:知っておきたい女性の病気新訂

価格:¥1350
(税込み) <送料別> カード利用可

商品詳細:
わかりやすい自己診断と対策みずうみ健康ブックス 著者:雨森良彦出版社:みずうみ書房サイズ:全集・双書ページ数:205p発行年月:2000年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)女性のからだに特有の症状と病気。その対処・・・
ショップ名:楽天ブックス

楽天で購入する
★モバイルの方はこちらから楽天で購入!

Powerd by 楽っぺ&あまにゃん

 【関連商品】
お尻とその穴の文化史入社前に知っておきたい、入社してから役に立つMRのマナー手帳インスパイリングエクササイズ気活
posted by 排卵痛 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

排卵痛

「生理痛」は有名ですが、「排卵痛」は意外と知られていないものです。

それは、「生理痛」は生理が起こっているときに起こるので、わかりやすいのですが、「排卵痛」はタイミングを測るなどのために基礎体温表をつけている人や自己管理をしている人であればわかるのですが、そうでない人にはその痛みが「排卵と関係している」ということは、わかりにくいものだからです。

しかしこの症状は結構あるものです。

当店で周期療法をしている人たちの中でも、多くの人がこの症状を持っています。

「排卵痛」と言っても、その原因は様々で、その症状も様々です。

多嚢胞性卵巣(PCOS)などのために排卵しにくく、それが原因で痛みを伴うもの、

卵巣が腫れたり癒着があるために、排卵の際に、痛みを伴うもの、

黄体機能不全でなかなか高温期にならず、排卵がうまくいかないために重い感じの痛みを伴うもの、

これといって病名はついていないけれどもいつも排卵時に卵巣付近の下腹部が痛むもの、

などなど。

排卵しにくいのであれば、排卵をスムーズにするような漢方薬を、癒着があるのであれば、癒着を軽減するような漢方薬にてその症状を調整します。

ただし、「痛み」が酷い場合は、それに併せて「芍薬甘草湯」を飲むことで、急な筋肉の攣急を沈め、痛みを治してくれます。この薬は、その他の症状による疝痛などを治療するためにも昔から使用されてきたものです。

「芍薬甘草湯」の場合は、「痛み」を抑える効能からこのような症状にも使用しますが、漢方薬は、その効能からは思いも付かないような使い方をする場合もあります。これぞ漢方の長い歴史あってのなせる業です。


皆さんこんばんは!痛くて困っていますっっ 早速本題に入ります
 5年程前に、真夜中就寝中に、突如左下腹部に痛みが走りました
それは、ズキズキ刺すような痛みではなく、ズーンズーンと重い
痛みです 脈をうつような拍動痛です 布団の中で七転八倒です
そのうち吐き気も出てきて、もう耐えられず、救急病院へ・・
 
そこでは、応急処置として、痛み止めが処方されただけでしたが、
翌朝には痛みはなんとかおさまりました これが一度目です

二度目は、4年程前になります 仕事中にそれは起こりました
一度目の経験があるので ”あぁ・・これはあの時と同じ痛みだ、
どうしよう”と  そして予想は的中し、全く同じ場所、同じ痛み
です 休憩室に横たわり冷や汗というかあぶら汗が噴出し痛みも
増します 私の凄い痛み様に周りは慌て、近所の大きい病院へ
そこではまず、消化器を疑い、レントゲン・大腸の痛みを和らげる
点滴を行いましたが、異常はないとのこと、そして点滴も全く効き
ませんでした それなら婦人科系だろう・・ という判断で婦人科
へまわされ、そこでは超音波や触診、尿検査などを行いました
 結果、特に子宮や卵巣に異常な腫れや出血などはみられないし、
妊娠もしていないので子宮外妊娠の可能性もない、よってこれは
排卵痛の疑いが強い と

排卵痛などという言葉は聞き覚えがなく、正直半信半疑でした

それから何年間かはずっと落ち着いていて安心していた矢先・・
一昨日の晩、またです・・ 今までの痛みに比べるとだいぶ
弱かったですが、でも明らかに普通ではありません
一睡も出来ず朝をむかえ、それでも自然にだんだんと痛みは
和らいでいきましたが、何となく重い痛みがダラダラと続き、
すっきりはしません
治療法は痛みの出た時に痛み止めを飲み続けるだけです

そして今回はっきりしたこと・・それは今回はばっちり排卵日でし
た(一年程前から基礎体温をつけています)
ということは・・、やはりこれは排卵痛??
今回ばかりは認めざるを得ない状態です・・、でも排卵痛とは・・、
そもそも排卵時に痛みがあるなんてあまり想像も出来ないし、
(生理痛であれば即座に理解出来るのですが)一体どうなって
しまっているのだろう・・と不安です

以前(一度目の時に)医者からは「右の卵巣が機能していない
可能性が高い 毎月毎月左ばかりが活動するのでくたびれてしまい
症状が出る 治療方はない 痛い時に薬を飲むだけ 排卵が
ある以上一生付き合っていく病気なのだから、持病と思い、
頑張って」と

「排卵痛なんて聞き慣れないと思いますが、意外とお持ちの方も
いらっしゃいますよ」とも言われました

どなたか、排卵痛にお詳しい方、また今現在、または過去にご経験
されている方、どんな情報でも良いので教えてください!

こんなに痛いものなのか、と不安です・・


ピコタコさんみたいに酷くは無いですけど、有ります!!!!!!!!!
前に病院で聞いたら、排卵の時に卵?が急激に大きくなる痛みや
排卵の時に出血しそれが子宮を刺激する痛みで
感じる人と感じない人が居ると・・・・・・・・・・・・・

今現在妊娠を望んでないのなら、治療法として、ピルも効果的みたいですよ!!!
ただ副作用とかも有るので、慎重に考える必要は有ると思います。

http://www.queserastyle.com/health/byoki/
byokishojo/48808/20060618104457
posted by 排卵痛 at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

排卵期

LHによって開始されたシグナル伝達カスケードを通じて、タンパク質分解酵素が卵胞から分泌され、卵巣の表面に出ている卵胞の組織を分解して裂け目を作る。そこから卵子卵丘細胞複合体が卵胞を出て腹腔へ、更に卵管の末端にある卵管采に受け止められる。卵管へ入った後は、卵子卵丘細胞複合体は繊毛のしたがって押されながら子宮への旅を始める。

この時に、卵母細胞は第一減数分裂を終え、二つの細胞―大きな方が全ての細胞質の物質を含む卵娘細胞(二次卵母細胞)、小さな方が不活性な第一極体―に分かれている。第二減数分裂は中期で止まっており、受精までは進行しない。排卵の時に第二減数分裂の紡錘体が出現する。もし受精しなければ卵母細胞は約24時間で退化する。

機能層(functionalis)と呼ばれる子宮の粘膜が最大の大きさに達し、子宮内膜腺を持つが、まだそれは機能していない。

posted by 排卵痛 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

排卵に必要なこと

375日間すなわち月経周期約13回をかけた過程を通して、卵巣で眠っていた未成長の原始卵胞が成長して次第に一つの排卵前卵胞が選ばれる。組織学的に排卵前卵胞(成熟グラーフ卵胞または成熟三次卵胞)には放射冠顆粒層細胞に包まれた第一減数分裂前期で止まった卵母細胞、壁性顆粒層細胞、基底膜そして内膜・外膜細胞に挟まれた毛細血管網を含む。卵胞液の入った大きな嚢は卵胞洞と呼ばれる。卵丘顆粒層細胞(または単に卵丘細胞)の「橋」が放射冠・卵子複合体を壁性顆粒層細胞と結んでいる。

単純に云うと、卵胞の機能を促進する為に顆粒膜細胞と卵母細胞の双方向の指令を顆粒層細胞が繋いでいるのである。研究によって卵胞の指令に特有の因子が解明されたが、これについての考察はこの記事の範囲外とする。

黄体形成ホルモン(LH)の作用により排卵前卵胞の顆粒膜細胞はアンドロステンジオンを分泌し、これは壁性顆粒層細胞にエストロゲンの一種エストラジオールへ芳香環化される。高濃度のエストロゲンは視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の刺激作用を持つ。このホルモンは今度は下垂体のLHと卵胞刺激ホルモン(FSH)の発現を刺激する。

LHとFSHの高まりが周排卵期の始まりを意味する。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E5%8D%B5
posted by 排卵痛 at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

周排卵期

順調な排卵では、卵子は放射冠及び卵丘顆粒層細胞に支持されていなければならない。後者は卵丘膨張として知られる増殖と粘液分泌の段階を通る。その粘液はヒアルロン酸の豊富な混合物で、卵子周辺のベタついたマトリックスに卵丘細胞のネットワークが浮遊している。このネットワークは排卵後も卵子の周辺に残り、受精に必要なものとみられている。

卵丘細胞の増加は同時に卵胞液の量も増加させ、卵胞の直径は20mmに膨張させられる。これが卵巣の表面に水泡状の明確な膨らみを作る。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E5%8D%B5
posted by 排卵痛 at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

排卵について

ヒトでは、排卵が起きる期間を排卵期といい、28日間の理想月経周期では14日目に起きる。しかしながら、in vivo(生体内)の様々な性質によって通常の排卵は8~20日目以降に起こりうる。特に短い周期を持つ女性は早く排卵し、長い周期を持つ女性は遅く排卵する。

ヒトにおいて、隠された排卵とは雌(女性)が目に見える繁殖できるというサインを出さないという事を意味している。何故こう進化したのかを分析できる単語に進化的ゲーム理論がある。

排卵の前に、卵胞は卵子が生きていく為に一連の変形を行なう。この過程が卵丘膨張である。これの後に卵胞へ裂け目ができ、これを通って卵子が卵胞を出る。卵子は卵管へ入って、子宮へ向かって行き、受精をすれば着床し、さもなくば24時間後に退化する。

排卵期の前には、未成熟の卵胞に包まれた卵子が成長を終える卵胞期があり、その後には子宮が受精卵を受ける準備をする卵胞期がある。この卵胞が成長して排卵へ至る全過程が卵胞形成といわれる。。

[1]の様な研究で女性の嗅覚は排卵期に最も鋭くなる事が示されている。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E5%8D%B5
posted by 排卵痛 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記